スズキ・メソードのOB・OG会です。「心のふるさとキラキラ星」を共有する皆様と
 「一生楽しめるスズキ・メソード」をめざします。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



3月27日(金)に文京シビックホール大ホールで開かれたチェロ科創設60周年記念第25回スズキ・メソード チェロ全国大会には、チェロ科出身のOB・OGが出演し、バッハの「シャコンヌ」を演奏しました。 2014年9月5日(金)、第7回コンサートを開催。オーボエ奏者の渡辺克也さん、ピアニストの東誠三さん、いずれもスズキ・メソードのピアノ科出身の二人による素敵なアンサンブルとなりました。 休憩後には、お二人によるスズキ・メソードの思い出を語っていただきました。鉄道オタクの話など、時に脱線しながらも素敵なトークセッションとなりました。 夏期学校の「弦楽B」のクラスを指導され川本嘉子さん。バッハのブランデンブルク協奏曲第3番を丹念に、ダイナミックに仕上げていきました(8月6日キッセイ文化中ホール) 5月11日(日)、OB・OG会第6回コンサートを開催しました。ベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番を演奏される東誠三さんの素晴らしい音に、魅了されました。 OB・OG会にとっては、初のベートーヴェンとなりました。指揮の金森圭司さん、ピアノ独奏の東誠三さんに大きな拍手が寄せられました。 OB・OG会メンバーのお孫さん(4歳)も出演されるなど、「一生楽しめるスズキ・メソード」をキャッチフレーズにするOB・OG会ならではの光景となりました。 5月4日(日・祝)に名古屋のしらかわホールで、中島顕先生クラスの小学校4年の生徒さんから、かつての生徒だったOB・OGたち52名による「チェロアンサンブルナカジマ2014」が開催されました。この写真は、バッハの「シャコンヌ」を演奏中のものです。 テン・チルドレンのOB・OGたちによるエクレスのソナタ、そしてフィオッコのアレグロ。エクレスの出だしのメロディに演奏者たちも会場も、涙がこみ上げてくるような演奏でした。 テン・チルドレンの50年記念コンサートの第2部には、スズキ・メソードの子どもたちも登場。最後の「キラキラ星変奏曲」は圧巻! テン・チルドレンの50年記念コンサートの打ち上げ会場。最後までいらした方々で記念撮影! 最後に出演者、スタッフの皆様全員で記念撮影。皆さんお疲れさまでした! モーツァルトの「ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲」。ソリスト二人の対話、オーケストラとのハーモニーが時にドライブ感たっぷりに、時に抒情的に歌い上げ、ノリノリの演奏になりました。 アンコールはモーツァルトのディヴェルティメントK.136の第3楽章。渡辺玲子さんのコンサートマスター!に川本嘉子さんの指揮! こんな贅沢なエンディングは、なかなかありません。 コンサートの後は、楽しい宴。参宮橋駅近の「ミトラタカセ」さんで。 12月9日(月)、国際文化会館で2014年3月31日(月)に「テン・チルドレンの50年記念コンサート」がサントリーホールで開催されることの記者発表があり、OGの大谷康子さんも出演されました。 鈴木鎮一先生生誕115年の記念イベントに集結した皆様。季刊誌No.185に登場された宮崎市の光が丘幼稚園の園長先生たちや鈴木鎮一記念館の結城館長も特別参加(2013.10.5 そば処ものぐさ) 鈴木鎮一先生生誕115年を祝い、指導者の皆さん、そしてOB・OG会メンバーたちも気持ちを新たに、献花をさせていただきました。 鈴木鎮一先生生誕115年記念講演をされた、毎日新聞の小島正美編集委員を囲んでのランチセッション。鈴木裕子会長も同席してくださいました(2013.10.6 そば処もとき) ソリストの江澤聖子さんによる入魂のショパン。ピアノ協奏曲第1番の流麗なメロディが、OB・OG会オーケストラと一体となって、会場に響き渡りました アンコールに応えて江澤聖子さんが演奏されたのは、ショパンの 「別れの曲」。中嶋嶺雄先生への追悼として捧げられました。 2012年11月24日(土)「カルテットを楽しもう会」ご参加のみなさん。所用で帰られた方、ごめんなさい。皆様、お疲れさまでした。 2012年9月22日(土)あづみ野コンサートホールにて、「楽器を持って集まろう会Ⅱ」を開催しました。アメリカ・ケッタッキー州から参加の裕子・ドライバー・リップマン先生のアメリカ式レッスンは、とっても新鮮でした。 2012年9月23日(日)、鈴木鎮一記念館の特別な計らいで、「楽器を持って集まろう会Ⅱ」を開催。鈴木先生の思い出が詰まった場所での音出しに、全員が真剣に取り組みました。 進境著しい宮田大さんとの共演(2012年5月20日、第3回コンサート)は、OB・OG会にとって大きな一歩となりました。 5月19日(土)ゲネプロ後の記念写真です。宮田大さんとの初共演にみんな興奮しています。 2011年10月8日(土)、秋晴れの一日、ピアノ科・フルート科OB・OGとの「アンサンブルを楽しむ会」を、いつもの浜離宮朝日ホール・リハーサル室で開催しました。成果発表では、素敵な音が広がりました。 第2回OB・OG会コンサート(2011.5.8)では、スズキ・メソード出身の大谷康子さんと共演。 懐かしいヴィヴァルディのa-mollやグリーグのホルベルク組曲などを演奏しました。 OB・OG会発足コンサート(2010.5.16)にはスズキ・メソード出身の渡辺玲子さんがゲストでした。 豊田耕兒先生の指揮で、ヴィヴァルディの四季から「春」などを楽しみました。 「楽器(楽譜)を持って集まろう会」(2010.9.23)では、 鈴木裕子先生による懐かしい「逆さ弓」のレッスンもありました。 社会のさまざまな分野で活躍するOB・OGのみなさん。まさに異業種交流の花が咲きます。

日本将棋連盟の佐藤康光会長(ヴァイオリン科OB)と
スズキ・メソードの早野龍五会長が、
毎日メディアカフェで対談!

 弱冠14歳の藤井聡太四段の負け知らずの快進撃、将棋の壮大な世界観を描いた映画「3月のライオン」の公開、さらにはAIと人間の知恵比べなど、将棋にまつわる話題が目白押しの昨今。電子機器持込に関しての一連の疑惑騒動を発端に、この2月より日本将棋連盟の舵取りを任された佐藤康光会長の動きに、大変な注目が集まっています。
 実は、佐藤会長は、スズキ・メソードで4歳からヴァイオリンを学び、今も演奏を折に触れて披露される「ヴァイオリンを弾く棋士」でもあります。
 お二人による今回の対談テーマは、「やり抜く力を育てる」です。
 将棋には、日本人の心を表す作法や、戦法を創意工夫する土壌があり、限りない集中力や、失敗を恐れないチャレンジ精神などを養う場があり、現代を生きる子どもたちに必要な「やり抜く力」を育てる力があります。スズキ・メソードの5代目会長として、昨年8月から、組織の立て直しに腕を振るわれる早野龍五会長との対談で、子どもたちの能力を育てるためのさまざまな取り組みや、組織の活性化、若手の育成のアイデアなどについて、縦横無尽に語り合います。

毎日メディアカフェ
 日時:2017年7月12日(水)18:30
 会場:毎日新聞社東京本社B1「毎日ホール」(竹橋:パレスサイドビル内)
 申込:事前に予約応募が必要になります。→毎日メディアカフェ

2017定時総会のご案内

 来る6月30日(金)に、OB・OG会の定時総会および懇親会を開催いたします。
 皆様にお集まりいただき、しばし楽しいひとときをお過ごしいただきたく、お誘い合わせのうえご参加ください。
 ご参加いただける方は、6月20日までに事務局までメールでご連絡ください。
→OB・OG会事務局


2017定時総会
 日時:2017年6月30日(金)18:30
 会場:レストラン「アラスカ」
(都営地下鉄大江戸線 築地市場駅 朝日新聞社本社ビル内)→地図
 会費:4,000円

 議事:
  第1号 2016年度 活動報告,収支報告,監査報告
  第2号 2017年度 活動計画,予算
  第3号 役員選任


 OB・OG会では、「スズキ・メソードに在籍した人は『心のふるさとキラキラ星』を共有する仲間」という考えに基づき、「一生楽しめるスズキ・メソード」を目指して活動し、一人でも多くの方に参加を呼び掛けております。今後とも、一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

才能教育会館耐震改修工事へのご寄附をお願いします!

 才能教育研究会創立70周年記念事業の柱のひとつとして、建設から50年経過した才能教育会館を、今後も安全で快適に使用するため、2016年10月から2017年5月末までの日程で、耐震改修工事を行なっています。
 つきましては、才能教育研究会では、5月1日より、今回の工事に対して多くの皆様からのご寄附の受付をスタートしております。OB・OGの皆さまもぜひご協力をお願いします。ご寄附の金額に応じて、皆様の記念になりますよう、会館内に皆様のお名前を刻印した銘板を掲示させていただいたり、会館ホールの椅子にお名前を刻印したプレートの掲示もされます。ぜひとも多くのOB・OGの皆様に趣旨にご賛同いただき、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。
→詳しくはこちらをご覧ください。

BBCラジオに加え、テレビでも追加で収録があり、
5月18日よりオンエアが始まりました!

BBCテレビに出演された紿田英哉さん(右)と俊哉さん(左) BBCラジオ放送の後、BBC側よりTVインタビューのリクエストがあり、元才能教育研究会常務理事で、OBの紿田英哉さんのご自宅で、BBCロンドンとスカイプを使ってインタビューしたものがこのたび、インターネット上で見られるようになりました。
「6時間掛かりのインタビューでしたが4分に編集されていました。『名古屋の子守唄』は、残念ながらカットされていました」とは、弟でOB・OG会副会長の紿田俊哉さんのお話です。
 大変貴重な映像とともに、スズキ・メソードの真髄に触れる内容となっています。ぜひご覧ください。下記をクリックするとご覧いただけます。
 なお、英国スズキ協会の小玉もな先生によりますと、「この映像のリンクが世界のスズキ指導者やファミリーの間でどんどんシェアされています」とのこと。すごいことですね! さっそく、ヨーロッパスズキ協会(ESA)のニュースページでも紹介されています。
→BBCテレビ

→ヨーロッパスズキ協会

OB・OG会第10回記念コンサート、終了しました!

 2017年5月14日(日)、第22回アンサンブル・フェスティバルとスズキ・メソードOB・OG会第10回記念コンサートが国立オリンピック記念青少年総合センター大ホールで開催されました。

 2010年に発足したスズキ・メソードOB・OG会。1年に2回、演奏することもありましたので、7年目の今年に第10回となる記念のコンサートを開催することができました。今回は豊田耕兒先生のソリスト、ということもあって、大阪からは曽田義嗣先生も参加してくださいました。会場にも指導者の姿がいつも以上に多く、関心の高さをうかがわせました。

 前半のスズキの子どもたちによるアンサンブル・フェステバルに続き、OB・OG会の演奏曲は、
・パッヘルベル:カノン
テレマン:ヴィオラ協奏曲ト長調(ヴィオラソロ 豊田耕兒先生)
・フルートオブリガートと弦楽のアンサンブル
    狩人の合唱
    ゴセックのガヴォット
    習作
    楽しい朝
    アレグロ
というプログラム。

 カノンに子どもたちも参加するスタイルは、これまで同様です。昨年も曲の盛り上げ方や歌い方を研究しましたが、今年は、運弓や表現力について、今まで以上に指揮の金森圭司さんからご指導をいただきました。毎年演奏する定番曲ですが、より音楽的な表現力が発揮できるレベルまで練習した分、きちんと仕上げることができました。

 テレマンのヴィオラ協奏曲では、ソリストに才能教育研究会名誉会長の豊田耕兒先生をお招きしました。2010年の第1回コンサート(5月16日)で、OGの渡辺玲子さんのヴァイオリン独奏でヴィヴァルディの四季〜「春」を演奏したときに、指揮をお願いしたことがありました。

→2010年第1回コンサート

 豊田先生が指揮をされる姿は、夏期学校や全国指導者研究会でおなじみでしたが、独奏されるのは、ご本人曰く「40年ぶりのこと!」だそうです。OB・OG会としては大変光栄な、まさに第10回記念にふさわしいプログラムになりました。
 テレマンのヴィオラ協奏曲は、ト長調の大変明るい、そしてヴィオラ特有の憂いも感じさせる佳品です。アメリカの出版社から出版されているスズキ・メソード ヴィオラ指導曲集の第4巻に収録されています。ヴィヴァルディのa-mollのように、スズキ・メソードでヴィオラを学ぶ生徒さんたちが、必ず演奏する曲ということになります。今回は、2004年に豊田先生自らが作られたオリジナルのカデンツァでの演奏となりました。

誠実なお人柄を表すような端正な演奏でした 当日までの2回の練習でも、当日朝のステージリハーサルでも感じられた、豊田先生のお人柄を表すようなヴィオラの温かな音色に、参加したメンバーは誰もがうっとりとしたものです。さらに本番では、ソロにかぶるトゥッティの音量を極力抑えるなど、バランスにも最大限注力し、豊田先生の伸びやかな独奏を際立たせることを目指しました。その結果、大変好評で、たくさんの拍手をいただきました。次のような嬉しい感想からも、この日の演奏の様子がお分かりになるでしょう。

・豊田先生の貴重なソロをライブで聴くチャンスをいただけて、私も娘も大満足させていただきました。松本でのレッスンの時に少し弾いてくださるその音が、ホールでも響いていて、胸が一杯になりました。鈴木先生のおっしゃる「音はその人の心」ということがようやく腑に落ちた感じです。美しい音はたくさんありますし、どれが良いとかいうのはわかりませんが、娘にもいつかどなたかの胸が一杯になるような音が出せる人に育ってもらいたいものだと思っています。もちろんアドバイスいただいたことを鍛錬していくことは重要な課題ではありますが。豊田先生のお姿はいろいろな意味で人生の先輩としてのお手本でした。

・豊田先生のテレマン演奏のアナウンスの後、会場の中は、静寂と緊張感に包まれました。演奏が始まると、先生のレッスンを受けていた頃が思い出され、私の周囲も豊田先生にお世話になった先生方ばかりで、皆、感極まってしまい、涙、涙。特に、第3楽章が、一番、先生の美しく品のある音が、際立っていたと思いました。昔、松本の才能教育音楽学校の研究生の時に、ヴィヴァルディのgモール全楽章をドイツから一時帰国されて、伴奏したことがありました。私の緊張感は相当でしたが、演奏終了後に、いちばん前の方が、涙を流されて豊田先生に拍手をされている光景を思い出しました。いつの時代でも豊田先生の演奏は、心の奥深く届き、聴衆が感涙するのだと、改めて実感しました。

・豊田先生のテレマンをぜひ聴きたくて、仕事を抜けさせていただきました。OB・OGオケのみなさまが豊田先生の音を一音たりとも聴き逃すまいと集中し、先生の音楽に寄り添うアンサンブルをされている様子、その空気が伝染したかのような客席の緊張感と温かい心(この2つがこのように両立することを初めて知りました)に満たされた大きなホールの中に身を置き、豊田先生の魂が込められた音を聴く幸せ。テレマンのハートを受け取って、ハーモニーとともに変化していく音色、音楽の流れ、呼吸、エネルギー。。終わってしばらく、私も仲間たちも言葉を失っていました。素晴らしい音楽を本当にありがとうございました。老若男女一緒に楽しめるのが音楽なのだと改めて感じました。出逢えた奇跡に心より感謝します。


豊田先生と指揮の金森圭司さん。金森さんは打ち上げの席で、豊田先生からN響の前身の尾高尚忠指揮新交響楽団でコンチェルトを弾いた話や、マゼール指揮ベルリン放送響でコンマスを務めていた話など貴重なエピソードをたくさん伺われたそうです 本番後の豊田先生を囲んでの打ち上げで、豊田先生からは「最初はお断りしたのですが、OB・OG会に何も奉仕ができていなかったことに気づき、それで出演させていただくことにしました。自信はなかったのですが、これも神様の思し召しと考えました。3回の練習で、だんだんと皆様と和めてきて、それが感じられて、本番につながりました。皆さんに感謝しています。これからも皆さんがこの会をサポートしてくださることを期待しています」との嬉しいお言葉をいただきました。

 また、今回は、フルートオブリガートと弦楽のアンサンブルというプログラムも加えました。合奏する機会の多いスズキ・メソードのコンサートで、それまではヴァイオリンと同じメロディを吹いていたフルートが、オブリガート演奏をすることで、より色彩豊かになり、音楽的な表現の幅は広がってきました。OB・OG会では、昨年11月の名古屋での「楽器を持って集まろう会」でも試みた企画を、今回は大ホールでということになりました。


 オブリガートの作成を担当したフルート科指導者の宮地若菜先生からの言葉です。「オブリガートの楽譜ができたのが一昨年でした。何十年もの夢が実現でき、しかも豊田先生のコンチェルトの後に、同じ舞台でこうして演奏させていただき、大変嬉しく思います」
 今後、ますます国内外でフルートのオブリガート演奏が拡大していくといいですし、また、曲数も増えてゆかれるといいですね。

挨拶をされたのち、演奏にも飛び入り参加された早野会長 この日、アンサンブル・フェスティバルの冒頭からすべてを会場で聴かれた早野龍五会長もアーモールからはステージでヴァイオリンを弾かれました。そして、ご挨拶もいただきました。
「今日は、第1部のアンサンブル・フェスティバルも、第2部のOB・OG会のコンサートもすべて聴かせていただきました。豊田先生のお孫さんも第1部に登場されておられ、親子3代で音楽を楽しむ姿を嬉しく思いました。先ごろ、才能教育研究会70周年記念事業の一環として、スズキ・メソード出身のOB・OGたちのその後を調べる機会がありました。多くの方が大学や大学院へと進み、音楽大学にも進んでいらっしゃいました。今日、一緒に演奏した子どもたちも、この素晴らしい先輩たちを見習って、鈴木先生の願われた『立派な良き市民』になってくださることを、願っております。そして、そのお子さんも、お孫さんもスズキで育っていただくことを期待しています」

最後は、フルートのオブリガート演奏付きで、子どもたちとOB・OGの共演で「キラキラ星変奏曲」 最後に第3部として、前半のアンサンブル・フェステバルに出演したスズキの子どもたちと、OB・OGたちの共演で、ヴィヴァルディの協奏曲イ短調(アーモール)第1楽章と鈴木先生のキラキラ星変奏曲を演奏。次の世代への懸け橋になることを願っての交流風景は、スズキ・メソードならではの姿となりました。クロージングとして、OB・OG会の木村眞一会長から、お礼のご挨拶をさせていただきました。


 会場のお客様からの声をいくつか紹介しましょう。

打ち上げ会場で挨拶をされる豊田先生。これからもOB・OG会をご支援してくださるとのお言葉に一同大感激でした・OB・OGの方々がこうして集まって、皆さんで音楽を楽しんでやっていらっしゃる姿に感動しました。
・今後も続けてください。
・お疲れ様でした。体験したことのない感動でした。
・才能豊かな人材と独自性を感じます。これからの未来への継承も頼もしく感じられました。もっと広く、アピールされてもいいように思います。メッセージ性が必要かもしれません。
・豊田先生の演奏を聴くことができ、大変嬉しく思います。また、フルートもいいですね。
・合奏を楽しんでいらっしゃる今の姿がいいと思いました。今、習っている子どもたちも、大人になっても楽しめるとわかってもらえたらいいですね。
・豊田先生の音楽、そして音の一つひとつがとても気に入りました。
・幅広い年齢層での演奏は、とても心に響きました。フルートのオブリガートが入ったことで、さらに音が綺麗になり、良かったと思います。
・子どもたちの励みになり、OB・OGの皆さんの演奏は良いと思います。いつまでも続けて、皆さんを癒して欲しいです。
今回も多くの皆様にお手伝いをいただきました。ステマネ、椅子の配置、受付周りの大変なお仕事をしてくださった皆様、そしてご指導を賜りました先生方、ありがとうございました

スズキ出身の松野弘明さんと川本嘉子さんで
モーツァルトの名曲、シンフォニーコンチェルタンテ!
6月15日、三井住友海上しらかわホール (名古屋)

クリックで拡大 モーツァルトの「ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲」(シンフォニーコンチェルタンテ)は、かつてOB・OG会でも、ヴァイオリンの渡辺玲子さんとヴィオラの川本嘉子さんによる素晴らしい演奏で共演させていただいたことがありました。その名曲を今度は、ヴァイオリンに松野弘明さんをお迎えしての名古屋公演が、6月15日に開催されます。
 松野弘明さんは、2歳よりヴァイオリンを始め、6歳の時にスズキ・メソードの海外派遣メンバー(いわゆるテン・チルドレン)の一人として、アメリカ、カナダへの海外ツアーに参加されています。
 息の合ったお二人によるシンフォニーコンチェルタンテをご堪能ください。
松野弘明さんのプロフィール
 なお、川本嘉子さんが特別に割引チケットを販売してくださいます。
 一般:4,000円→3,500円に
 学生:2,500円→2,000円に
 お申し込みは、川本嘉子さんに直接、メールでご連絡ください。お支払いは、受付で精算していただき、チケットと交換していただきます。
 川本さんのメールアドレス

紿田俊哉副会長と兄の紿田英哉さんが、BBC WORLD SERVICEのラジオ番組に出演されました!

 お二人は、2017年4月21日(金)16:50分からの9分間、スズキ・メソードの素晴らしさについて、流暢な英語でお話をされました。番組のサイトでは、バックナンバーとしてリスニングができます。下記サイトにアクセスされたら、左下のダウンロードボタンを押して、ダウンロードしてください。iTunesなどで再生できます。
http://www.bbc.co.uk/programmes/p04zvr1t

OB・OG会第10回記念コンサート参加者募集のお知らせ

クリックで拡大 2010年に発足したスズキ・メソードOB・OG会。今年も5月の心地よい季節の中、10回目となる記念のOB・OG会コンサートを開催します。スズキの子どもたちが日頃の研鑽ぶりを発表するアンサンブル・フェスティバルとの共催です。

 今回は、OBOG会の顧問を歴任され、第1回の設立コンサートでは指揮者を務められた豊田耕兒先生が、テレマンのヴィオラ協奏曲 ト長調で、ソリストをお引き受けいただくことになりました。公益社団法人才能教育研究会が発行する最新号の機関誌No.197で海外でのご活躍の頃のインタビューが連載開始されるなど、豊田先生からの意欲的な発信がされる中での、ヴィオラ協奏曲でのご出演に、OBOG会一同、大変感激しております。

 514日(日)13:00開演、場所はいつもの国立オリンピック記念青少年総合センター大ホールです。上記の豊田先生によるヴィオラ協奏曲以外にも、フルート科OBOGが出演してオブリガートの美しいハーモニーが楽しめる合奏、さらには、現役生徒さんたちとのヴィヴァルディのa-mollの共演など、話題が目白押しです。

クリックで拡大 指揮者には、第4回、第6回、第8回、第9回コンサートに引き続き、スズキ・メソード ヴァイオリン科出身で、ワグネルソサエティオーケストラで活躍後、NHK交響楽団を経て、医学の道に転じた金森圭司さんが登場されます。ご期待ください。

 コンサート終了後には、簡単な「懇親会」も予定しています(詳細は後日発表します)。

1)「第22回アンサンブル・フェスティバル」&「スズキ・メソードOBOG会第10回記念コンサート」
  13:0017:00
  ※OBOG会の登場は、15:00過ぎを予定しています。
2)懇親会: 17:3019:30

「OB・OG会第10回記念コンサート」出演者募集要項

日時   2017年5月14日(日) 開演13:00

場所   国立オリンピック記念青少年総合センター 大ホール  →アクセス方法

応募資格
 (1)スズキ・メソードOB・OGの皆様
 (2)スズキ・メソードを学ぶ大人の会員の皆様
 (3)できるだけ多くの練習にご参加ください。前日、当日午前中の「リハーサル」への参加は必須です。
  ※いずれも「OB・OG会」にご入会されることを前提とさせていただきます。
   →「OB・OG会」会員登録のご案内

■募集人数 
 約50名(ヴァイオリン32名、ヴィオラ8名、チェロ8名) の弦楽器、フルート10名
   ※ ただし、テレマンのヴィオラ協奏曲は、ヴァイオリン16名、ヴィオラ6名、チェロ4名、
    コントラバス1名で演奏します。
   ※ ヴァイオリンパートは、音のバランスなどの都合で
    担当パートを指定させていただく場合がございます。
  ※フルート科OB・OGの皆様には、最後のキラキラ星変奏曲にも出演していただきます。
    たくさんのご応募をお待ちしております。

■募集の締め切り
  2017年4月17日(月)
  ※テレマンの各パートは定員に達しましたので、締め切りました。
   また、フルート科OB・OGの皆さま、締め切りは過ぎましたが、まだまだ大丈夫です。
   ふるってご応募ください。

■曲目
  ①パッヘルベル:カノン
  ②テレマン:ヴィオラ協奏曲ト長調(ヴィオラソロ 豊田耕兒先生)
  ③フルート オブリガートとの合奏
    狩人の合唱
    ゴセックのガヴォット
    習作
    楽しい朝
    アレグロ
  ④ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲イ短調より第1楽章
  ⑤鈴木鎮一:キラキラ星変奏曲
  ※複数の曲に応募可能です。
  ※ご参加いただけることになりました方には、楽譜の送付にてお知らせ申し上げます。

■練習日程 
 (1)4月30日(日)13:00~17:00(指揮:金森圭司さん) 
     会場:国立オリンピック記念青少年総合センター リハーサル室
     13:00〜14:30 ①カノン、④ヴィヴァルディa-moll、⑤キラキラ星変奏曲
     14:30〜15:00 ③フルート オブリガート曲
     15:00〜16:30 ②テレマン ヴィオラ協奏曲

 (2)5月6日(土)17:00~20:00(指揮:金森圭司さん)
     会場:国立オリンピック記念青少年総合センター 練習室43
     17:00〜18:00 ①カノン、④ヴィヴァルディa-moll、⑤キラキラ星変奏曲
     18:00〜19:00 ②テレマン ヴィオラ協奏曲←時間変更しました(4月6日)
     19:00〜20:00 ③フルート オブリガート曲←時間変更しました(4月6日)

 (3)5月13日(土)13:00~17:00(指揮:金森圭司さん)
     会場:国立オリンピック記念青少年総合センター 練習室43
     13:00〜14:00 ①カノン、④ヴィヴァルディa-moll、⑤キラキラ星変奏曲
     14:00〜14:45 ③フルート オブリガート曲
     15:00〜16:45 ②テレマン ヴィオラ協奏曲
     
 (4)5月14日(日)午前 ステリハ(指揮:金森圭司さん)
     会場:国立オリンピック記念青少年総合センター 大ホール
     午前 ステージリハーサル
     午後 本番 12:30開場 13:00開演となります。             
     ※詳しい練習日程は、楽譜送付時にもお知らせさせていただきます。

■練習指導
 ・指揮者 金森圭司さん(ヴァイオリン科出身、医師)
 ・スズキ・メソード指導者

■参加費
 演奏曲目数に応じて、参加費が異なります。
    ・ ①、②、③、④、⑤ 7,000円
    ・ ①、③、④、⑤ 5,000円
    ・ ③、⑤ 3,000円
  ※参加費は練習時に、集めさせていただきます。

■送付先
 参加をご希望の方は、
 申込用紙をダウンロードし、必要事項をご記入の上、メールかFaxでお送りください。
 →第10回記念コンサート参加申込書
  あるいは下記の参加申込フォームでお送りください。
 いずれの場合も、「スズキ・メソードOB・OG会」事務局宛となります。
    メールinfo@suzukimethod-obog.com
    Fax. 03-3295-1448
 ※記録のためのDVD作成、および公式サイトなどでの当日の写真を公開させていただきますことに、ご同意いただける皆様にご出演をお願いします。

■お問い合わせ
 お問い合わせは、メールでお願いします。 お問い合わせメール

OB・OG第10回コンサート参加申込フォーム

NEWS

バイロイト祝祭ヴァイオリン・クァルテットが各地で公演!
OBの眞峯紀一郎さんも出演されます!

バイロイト祝祭ヴァイオリン・クァルテットの皆さん 世界中からワーグナーに魂を捧げる演奏家が集まって、ワーグナー・オペラを上演する、世界最高峰の音楽祭の一つ、バイロイト音楽祭。バイロイト祝祭ヴァイオリン・クァルテットは、その音楽祭を支える祝祭管弦楽団の第1ヴァイオリン奏者4人によって、2005年夏に結成。メンバーは、いずれも豊富な経験を誇る腕利きプレーヤーばかり。テレマンやフンメルなどのバロック/古典作品から、高度な技術が要求される近代作品、ワーグナー「ローエングリン」の編曲まで、誰もが楽しめる幅広い選曲で、希少なるバイロイト・サウンドの真髄を披露します。

 第4ヴァイオリンを担当されるのが、スズキ・メソード出身の眞峯紀一郎さん。この春、以下の8都市で公演が続きます。以下、眞峯さんからのメッセージが届きましたので、ご紹介します。
「今年の『東京・春・音楽祭』は、<神々の黄昏>で<リング>を完結するので、私たちもその編曲を演奏する、との条件でご招待いただきました。最も重厚なオケ編成の、しかも16時間以上かかる<リング>を、40分足らずに短縮した編曲なので、ワーグナー•ファンには物足りないかもしれませんが、一般の聴衆にとっては、<リング>を知るチャンスとも言えます。
 また、『過去2回の演奏旅行のプログラムに載った曲以外で』との依頼がありました。そこで<リング>以外に、私たちバイロイト祝祭ヴァイオリン・クァルテットのために作曲されたけれど、今まで演奏したことのない曲(これも世界初演)や、2015年に結成10年を記念し、制作したCDの中の難曲も入れることになったので大変です。ぜひ、お近くの会場でお聴きください」

3月25日(土)18:00 宗次ホール(名古屋)
3月26日(日)16:00 アートスペース・オー(町田)
3月27日(月)19:00 はまなす館(相馬)
3月29日(水)19:00 上野学園メモリアルホール(東京)
3月30日(木)19:00 松本音楽文化ホール(松本)
3月31日(金)19:00 秋篠音楽堂(奈良)
4月2日(日)14:00 安芸太田町 戸河内ふれあいセンター(広島)
4月4日(火)19:00レスプリ・フランセ(藤沢)

NEWS

2016年モントリオール国際音楽祭で第1位の栄冠を取られた
辻 彩奈さん(ヴァイオリン)が、東京で初の本格リサイタル!
2017年3月10日(金)19時開演 紀尾井ホール

辻彩奈さんの東京公演チラシ 3歳よりスズキ・メソードでヴァイオリンを始めた岐阜県出身の辻彩奈さん。2007年には、スズキ・メソードのテン・チルドレンの一人として、東京・名古屋・松本でヴィターリの「シャコンヌ」を独奏。その後、全日本学生音楽コンクール小学校の部全国大会第1位、日本音楽コンクール第2位、ソウル国際音楽コンクール第2位(最高位)を経て、2016年モントリオール国際音楽コンクール第1位、あわせてバッハ賞、パガニーニ賞、カナダ人作品賞、ソナタ賞、セミファイナルベストリサイタル賞の5つの特別賞も受賞されています。
 この3月には、ベリオのヴァイオリン協奏曲集もNAXOSレーベルからCDをリリースされます。それに先立っての今回の東京での本格的なソロコンサートには、大向こうを唸らせるような名曲が揃いました。ぜひ成長著しい辻彩奈さんの「今」をお聴きください。
→公演内容
→公式サイト
→「ぶらあぼ」紹介記事
ソウル国際音楽コンクールでの演奏動画

NEWS

日本将棋連盟の新会長に、
ヴァイオリン科OBの佐藤康光九段が就任!

佐藤康光九段 谷川浩司前会長の辞任に伴い、日本将棋連盟は、2017年2月6日、新しい会長に佐藤康光九段を選出しました。佐藤康光九段は、羽生善治三冠と同世代。ソフトによる不正問題で揺れた将棋連盟の舵取りに、手腕を発揮されることになります。

朝日新聞デジタル

 佐藤康光九段は、ヴァイオリン科出身のOB。調布の富川和子先生のもとで、4歳からヴァイオリンを始め、京都に転居してからは松村裕美子先生のもとで、ヴァイオリンを続けました。弟、妹と3人兄弟全員が、スズキでヴァイオリンを学びました。OB・OG会の創立当時からの発起人であり、理事のお一人として、お時間のある時には、総会に何度も足を運んでいただいてきました。物静かな「ヴァイオリンを弾く騎士」が、こうした場面で立候補されたことに、OB・OG会は心より敬意を表します。

スズキ・メソード機関誌「先輩、こんにちは」での記事をご覧ください。

NEWS

「第15回 齋藤秀雄メモリアル基金賞」  
中島顕先生クラス出身の酒井 淳さん(チェロ)に決定!

左から、選考委員の堤剛さん、酒井淳さん、中島顕先生(1月17日授賞式にて) 2017年1月17日、公益財団法人ソニー音楽財団(Sony Music Foundation)は、第15回(2016年度) 齋藤秀雄メモリアル基金賞 チェロ部門受賞者を酒井 淳(あつし)さんに決定しました。この齋藤秀雄メモリアル基金賞は、音楽芸術文化の発展に貢献し、将来一層の活躍が期待される、若手チェリスト、指揮者に対して、各年度で一人ずつ贈られるもので、今回は指揮者については該当者なしです。
詳しくはこちら

NEWS

明けましておめでとうございます! 本年もどうぞよろしくお願いします。
名古屋での「楽器を持って集まろう会」の録音です。

 2016年11月27日、名古屋での集まりの録音です。MP3データですので、スマートフォンなどでも視聴が可能です。以下からダウンロードできます。

バッハ:ドッペル第1楽章 OBOGnagoya_ドッペル.mp3
ヴィヴァルディ:a-moll第1楽章 OBOGnagoya_Aモール.mp3
鈴木鎮一:キラキラ星変奏曲 OBOGnagoya_キラキラ星.mp3