スズキ・メソードのOB・OG会です。「心のふるさとキラキラ星」を共有する皆様と
 「一生楽しめるスズキ・メソード」をめざします。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



3月27日(金)に文京シビックホール大ホールで開かれたチェロ科創設60周年記念第25回スズキ・メソード チェロ全国大会には、チェロ科出身のOB・OGが出演し、バッハの「シャコンヌ」を演奏しました。 2014年9月5日(金)、第7回コンサートを開催。オーボエ奏者の渡辺克也さん、ピアニストの東誠三さん、いずれもスズキ・メソードのピアノ科出身の二人による素敵なアンサンブルとなりました。 5月11日(日)、OB・OG会第6回コンサートを開催しました。ベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番を演奏される東誠三さんの素晴らしい音に、魅了されました。 OB・OG会にとっては、初のベートーヴェンとなりました。指揮の金森圭司さん、ピアノ独奏の東誠三さんに大きな拍手が寄せられました。 テン・チルドレンの50年記念コンサートの第2部には、スズキ・メソードの子どもたちも登場。最後の「キラキラ星変奏曲」は圧巻! 最後に出演者、スタッフの皆様全員で記念撮影。皆さんお疲れさまでした! モーツァルトの「ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲」。ソリスト二人の対話、オーケストラとのハーモニーが時にドライブ感たっぷりに、時に抒情的に歌い上げ、ノリノリの演奏になりました。 アンコールはモーツァルトのディヴェルティメントK.136の第3楽章。渡辺玲子さんのコンサートマスター!に川本嘉子さんの指揮! こんな贅沢なエンディングは、なかなかありません。 コンサートの後は、楽しい宴。参宮橋駅近の「ミトラタカセ」さんで。 鈴木鎮一先生生誕115年の記念イベントに集結した皆様。季刊誌No.185に登場された宮崎市の光が丘幼稚園の園長先生たちや鈴木鎮一記念館の結城館長も特別参加(2013.10.5 そば処ものぐさ) 鈴木鎮一先生生誕115年を祝い、指導者の皆さん、そしてOB・OG会メンバーたちも気持ちを新たに、献花をさせていただきました。 鈴木鎮一先生生誕115年記念講演をされた、毎日新聞の小島正美編集委員を囲んでのランチセッション。鈴木裕子会長も同席してくださいました(2013.10.6 そば処もとき) ソリストの江澤聖子さんによる入魂のショパン。ピアノ協奏曲第1番の流麗なメロディが、OB・OG会オーケストラと一体となって、会場に響き渡りました 2012年11月24日(土)「カルテットを楽しもう会」ご参加のみなさん。所用で帰られた方、ごめんなさい。皆様、お疲れさまでした。 2012年9月22日(土)あづみ野コンサートホールにて、「楽器を持って集まろう会Ⅱ」を開催しました。アメリカ・ケッタッキー州から参加の裕子・ドライバー・リップマン先生のアメリカ式レッスンは、とっても新鮮でした。 2012年9月23日(日)、鈴木鎮一記念館の特別な計らいで、「楽器を持って集まろう会Ⅱ」を開催。鈴木先生の思い出が詰まった場所での音出しに、全員が真剣に取り組みました。 進境著しい宮田大さんとの共演(2012年5月20日、第3回コンサート)は、OB・OG会にとって大きな一歩となりました。 5月19日(土)ゲネプロ後の記念写真です。宮田大さんとの初共演にみんな興奮しています。 2011年10月8日(土)、秋晴れの一日、ピアノ科・フルート科OB・OGとの「アンサンブルを楽しむ会」を、いつもの浜離宮朝日ホール・リハーサル室で開催しました。成果発表では、素敵な音が広がりました。 第2回OB・OG会コンサート(2011.5.8)では、スズキ・メソード出身の大谷康子さんと共演。 懐かしいヴィヴァルディのa-mollやグリーグのホルベルク組曲などを演奏しました。 OB・OG会発足コンサート(2010.5.16)にはスズキ・メソード出身の渡辺玲子さんがゲストでした。 豊田耕兒先生の指揮で、ヴィヴァルディの四季から「春」などを楽しみました。 「楽器(楽譜)を持って集まろう会」(2010.9.23)では、 鈴木裕子先生による懐かしい「逆さ弓」のレッスンもありました。 社会のさまざまな分野で活躍するOB・OGのみなさん。まさに異業種交流の花が咲きます。

スズキ・メソードOB・OG会 2019年定時総会のお知らせ

総会+恒例の懇親会付きで、開催しました! 

 本年も以下の通り年次総会を開催いたしました。
【日時】7月10日(水)18時〜21時
【場所】イル・バーカロ新宿3丁目店
    新宿区新宿3-4-8 京王フレンテ新宿3丁目 B2(地下2階)
    Tel:03-5269-8528
    東京メトロ副都心線、丸ノ内線、都営新宿線「新宿3丁目駅」C2出口    

【会費】4,500円

 総会では、先日の渡辺玲子さんとの思い出深い共演や、昨年の大阪での「楽器を持って集まろう会」などの活動報告がありました。また、OB・OG会発足10周年となる新年度の活動予定では、2020年5月10日(日)に竹澤恭子さんとの共演がようやく実現すること、そして2019年12月29日(日)に「楽器を持って集まろう会 in 富山」を実施することが発表されました。また、新年度の役員、事務局体制も承認されました。引き続き、木村眞一会長、紿田俊哉副会長のお二人に、舵取りをお願いしました。事務局には若いOBにも参加いただき、刷新を図りました。会員の皆様には、別途、総会資料を郵送させていただきます。
 昨年に続き、才能教育研究会の早野龍五会長にもOBとして参加いただき、また、ヴァイオリニストの加納伊都さんも加わるなど、楽しいひとときになりました。

                

OB・OG会第12回コンサート終了しました! 

渡辺玲子さんの「音楽」に酔いしれた時間でした!  

指揮の金森圭司さんと渡辺玲子さん 5月12日(日)、国立オリンピック記念青少年総合センター大ホールで開催された「OB・OG会第12回コンサート」。演奏したモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第5番は、スズキ・メソードでヴァイオリンを学ぶ子どもたちにも、もちろん指導者の皆さんにもおなじみの曲ですが、スズキ出身のヴァイオリニスト、渡辺玲子さんの手にかかると、こんなにも魅力的で、神がかり的なオーラを伴った演奏になる、という名演となりました。

 「長い曲、と思っていたのに、アッという間に終わってしまうほど、楽しかった」「渡辺さんご自身が、とても楽しんで弾かれていて、それを指揮の金森圭司先生はじめ、OB・OG会の皆さんが嬉しそうに演奏されていたのが良かった」など、お褒めの言葉を数多くいただきました。演奏後、会場のあちこちでスタンディングオベーションもあり、演奏したOB・OG会の皆さんにとっても、とても手応えの確かなコンサートとなりました。

 前日のリハーサルをご覧になられた野口美緒先生(関東地区ヴァイオリン科指導者)から、素敵なご感想をいただきました。

 「玲子先生が前に立たれるだけで、『こういう音楽にしよう』というオーラに包まれて、オーケストラが活き活きと演奏していました。心が震えるほどのソロの音の伸び、説得力、変化の幅。冒頭や、劇的な転調の箇所などは音程の大切さを追求。メロディを音や拍で合わせるのではなく、音楽がどこに向かうのか、流れを共有し、必要なところに時間をかけ、呼吸することも確認。一つひとつの音を大切に、音色の変化についても探求されていました。スズキを大事に思ってくださっているソリストが、様々な年齢、音楽歴のOB・OG会メンバーに、一流の音楽を惜しみなく伝えられ、妥協せずに『真・善・美』を求める姿勢に背筋が伸びました。第2楽章では和音が美しく変化していく様子が色となって目の前に広がり、第3楽章は目の前で場面転換が行なわれるかのように雰囲気が何度も変わり、聴き終わると、まるでオペラを1曲聴いたかのような満腹感、感動で涙ぐんでしまいました」

 
 渡辺玲子さんご自身も、「3歳半から7歳になるまで続いた私のスズキ・メソードの勉強過程での到達点が、このモーツァルトの5番のコンチェルトであり、最後に参加した小2の夏期学校では模範演奏をして鈴木鎮一先生に褒めていただいた思い出があります。何度弾いても新たな喜びと驚きを感じさせてくれる素晴らしいコンチェルト」とお話しされていたモーツァルトの5番コンチェルト。OB・OG会としても思い出に残るコンサートとなりました。

 なお、予定されていなかったアンコールを急遽演奏していただくことになりました。舞台の奏者たちの思い、聴衆の皆さんの思いは「もっと、玲子さんの音を聴きたい」というのが正直な気持ちだったのです。瞬間的に絶妙な間を生み、それにとっさに応える形で玲子さんが選ばれた曲は、パガニーニ作曲『パイジエッロの「水車屋の娘(ネル・コル・ピウ)」の「うつろな心」による変奏曲ト長調(作品38)』。この曲は、ジョヴァンニ・パイジエッロが作曲したオペラ美しい水車小屋の娘(Nel cor più non mi sento)』の中のアリアをパガニーニが編曲したもので、冒頭からコンチェルトのカデンツァのように超絶技巧が散りばめられた作品。導入部とテーマ、7つのバリエーションと終結部を演奏すると14分もの大曲ですが、この日は、カットバージョンでの演奏でした。

 それにしても、急遽、アンコールすることになられたにも関わらず、圧倒的な技巧と情熱を注がれた玲子さんの演奏は、ものすごいサプライズ。この日が結成10年目のスタートとなるOB・OG会を後押ししてくださるような名演でした。

 興奮冷めやらぬ舞台に、OB・OG会コンサートに先んじて開催された第24回アンサンブルフェスティバルに出演していた子どもたちや玲子さんも参加しての、ヴィヴァルディのa-moll第1楽章。そして会場からの飛び入り参加もあったキラキラ星変奏曲。舞台いっぱいの大人数でのフィナーレとなりました。

 名古屋、四日市、大阪から参加するメンバーもいて、輪が広がってきました 今回のOB・OG会コンサートには、新しく参加されたメンバーも多く、演奏活動はもちろんのこと、舞台セッティングなどそれぞれの役割分担にも積極的な動きがあり、演奏には参加せず、裏方でサポートに徹したメンバーもいました。そして、終演後は、夜遅くまで賑やかに交歓風景が展開されました。スズキ・メソードで育ったOB・OGたちに、「大人のスズキ」を実践中の方など、幅広い世代が集まるOB・OG会ならではの光景と言えるでしょう。

 2020年は5月10日(日)、同じ会場での開催がすでに決定しています。
 スズキ・メソードOB・OG会には、スズキ・メソードで学んだことのある方なら、どなたでも参加できます。また、現在、スズキ・メソードの教室で学ばれている「大人のスズキ」の皆さんもOKです。奮ってご参加ください。
 →OB・OG会に入会するには 


新しいOB・OGたちが集まり、盛り上がりました!

OB・OG会第12回コンサートのチラシです! 

拡散してくださると嬉しいです!

 大変遅くなりましたが、第12回コンサートのチラシができあがりました。コンサートに参加の皆様には、4月29日の練習時から配布させていただきますので、どうぞよろしくお願いします。また、SNSなどで各方面に広めてくださるよう、お願いします。

OB・OG会第12回コンサート参加者募集 

今回は、ヴァイオリン科ご出身の渡辺玲子さんと共演です!

 年に1度の「楽器を持って集まろう会」、そして同じく年に1度、5月にコンサートを開催しているスズキ・メソードOB・OG会が、2019年5月12日(日)、国立オリンピック記念青少年センター大ホールで、多岐にわたり活動されているヴァイオリニストの渡辺玲子さんと共演します。
 その渡辺玲子さんから、今回の共演に寄せて、メッセージをいただきましたのでご紹介しましょう。

OB・OG会でのモーツァルト協奏曲第5番の共演に寄せて
渡辺玲子さん 5月12日に開催のOB・OG会で、3回目となる共演をさせていただきます。今回のプログラムではモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第5番を演奏しますが、3歳半から7歳になるまで続いた私のスズキ・メソードの勉強過程での到達点がこのモーツァルトの5番のコンチェルトであり、最後に参加した小2の夏期学校では模範演奏をして鈴木鎮一先生に褒めていただいた思い出があります。大人になってからは、日本のオーケストラとも多くの共演の機会をいただきましたが、チェコのオーケストラとチェコ国内で、そして日本のツアーを通して共演したことも多く、私のレパートリーの中でも最も好きな協奏曲の一つです。

 モーツァルトは5つのヴァイオリン協奏曲を1773年から75年にかけて書いていますが、第5番はワシントンDCのアメリカ議会図書館に存在する自筆譜のサインによると、1775年19歳の12月にザルツブルクで完成しています。他の4曲に比べて規模も大きく、モーツァルトのすでに成熟した創造性が発揮された名曲です。モーツァルトは1770年14歳の11月にザルツブルクの宮廷オーケストラのコンサートマスターに就任、ウィーンに移る1781年まで務めました。この仕事には、作品を書き、協奏曲のソロを演奏することも含まれていましたから、作曲家自身がこれらの協奏曲で独奏したことは当然でしょう。

 第1楽章のオーケストラによる提示部の後の独奏ヴァイオリンのオープニングは、イ長調の和音の中で、花びらが開くように静から動への魔法のような瞬間があり、何度弾いても鳥肌が立ちますし、その後に続くアレグロは技巧的な華やかさと楽しさでいっぱい。ホ長調で書かれた美しくやわらかな第2楽章に続いて、「トルコ風」と銘打たれた第3楽章は、優雅なメヌエット風のロンドに挟まれた中間部で一転、トルコ風のリズムとエキゾチックな和声で疾風怒濤のドラマが展開されます。このように何度弾いても新たな喜びと驚きを感じさせてくれる素晴らしいコンチェルトです。

 5月のコンサートで、皆様とご一緒にモーツァルトの美しくもドラマティックな世界を体験できることを楽しみにしています。


 渡辺玲子さんとOB・OG会の共演は、ご自身のメッセージにもありますように今回で3回目。次のような歴史をこれまで刻んできました。

①OB・OG会発足コンサート〜2010年5月16日(日)
  国立オリンピック記念青少年総合センター大ホール
  ヴィヴァルディ:合奏協奏曲「四季」〜春
  独奏:渡辺玲子さん 指揮:豊田耕兒先生

②OB・OG会第5回コンサート〜2013年11月29日(金)
  国立オリンピック記念青少年総合センター小ホール
  バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番から「シャコンヌ」

        (ヴィオラ版:川本嘉子さん)
  イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 第6番 ホ長調 Op.27-6(渡辺玲子さん)
  ヘンデル=ハルヴォルセン:パッサカリア(渡辺玲子さん+川本嘉子さん)
  モーツァルト:ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲 変ホ長調 K. 364
        (独奏:渡辺玲子さん+川本嘉子さん)

  モーツァルト:ディヴェルティメントK.136より第3楽章(アンコール)
        (コンサートマスター:渡辺玲子さん、指揮:川本嘉子さん)

 そして、3回目となる今回は、次のようになります。
③OB・OG会第12回コンサート〜2019年5月12日(日)
  国立オリンピック記念青少年総合センター大ホール
  モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番 イ長調 「トルコ風」 K. 219
  独奏:渡辺玲子さん 指揮:金森圭司さん

 以下の内容で、出演者募集を2月1日より、開始しています。

「OB・OG会第12回コンサート」出演者募集要項

日時   2019512日(日) 開演13:00

場所   国立オリンピック記念青少年総合センター 大ホール  
        →アクセス方法

応募資格
 (1)スズキ・メソードOB・OGの皆様
 (2)スズキ・メソードを学ぶ大人の会員の皆様
 (3)できるだけ多くの練習にご参加ください。当日午前中の「リハーサル」への参加は必須です。
  ※いずれも「OB・OG会」にご入会されることを前提とさせていただきます。

■募集人数 
 約50名(ヴァイオリン32名、ヴィオラ8名、チェロ8名) の弦楽器
   ※ ヴァイオリンパートは、音のバランスなどの都合でご希望の担当パートを変更させていただく場合がございます。

■募集期間
  2019年2月1日(金)〜4月1日(月)

■曲目
  ①パッヘルベル:カノン
  ②モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番 イ長調 「トルコ風」 K. 219
  ③ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲イ短調(a-moll)より第1楽章
  ④鈴木鎮一:キラキラ星変奏曲
  ※複数の曲に応募可能です。
  ※a-mollとキラキラ星変奏曲は、どなたでも出演できます。
  ※フルート科もキラキラ星変奏曲にオブリガートで参加可能です。
  ※ご参加いただけることになりました方には、楽譜をダウンロードできるサイトアドレスをお知らせ申し上げます。

■練習日程 
4月29日(月・祝)13:00〜16:45 
    国立オリンピック記念青少年総合センターカルチャー棟練習室41
 ②5月6日(月・祝)13:00〜16:45
    国立オリンピック記念青少年総合センターカルチャー棟練習室42
 ③5月11日(土)13:00〜16:45
    国立オリンピック記念青少年総合センターカルチャー棟練習室42 
 ④5月12日(日)午前中の1時間程度(ステージ・リハーサル)
    国立オリンピック記念青少年総合センター大ホール
 ⑤5月12日(日)午後(本番) 
    国立オリンピック記念青少年総合センター大ホール
     ※詳しい練習日程は、楽譜送付時にもお知らせします。

■練習指導
 ・指揮者 金森圭司さん(ヴァイオリン科出身、医師)
 ・スズキ・メソード指導者

■参加費
・モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番に参加希望の方 8,000円
・パッヘルベルのカノンのみに参加希望の方 4,000円
・a-mollとキラキラ星変奏曲のみの参加は、無料です。
    ※モーツァルトに出演される方は、その他の曲にも参加可能で、同料金です。
    ※カノンに出演される方は、a-mollとキラキラ星変奏曲にも出演できます。
    ※参加費は練習時に集めさせていただきます。

■申込先
  下記申し込みフォームをご利用ください。

 ※記録のためのDVDなどの作成、および公式サイトなどでの当日の写真を公開させていただきますことに、ご同意いただける皆様にご出演をお願いします。

■お問い合わせ
 お問い合わせは、メールでお願いします。 お問い合わせメール

OB・OG第12回コンサート参加申込フォーム

ヴァイオリン科出身で、オックスフォード大学に留学された日置駿さんが、1000年近い歴史を持つオックスフォード大学の、大学唯一の公式オーケストラの有志による初めて日本訪問をアレンジ。
クラウドファンディングにご協力ください!

 「音楽を通してオックスフォード大と福島の子どもたちの架け橋を作る!」ことを目標に、このプロジェクトでは、現在、クラウドファンディングをスタートさせています。ツアーを成功させるために、皆様のご協力が必要です。東京での公演観覧予約とともに、ご寄付についてはこちらをご覧ください。

ご寄付のお願い

 日置さんのメッセージです。「具体的にご支援いただきたいのは、福島県を訪れる資金です。バスでの移動や大型楽器の運搬など、夢を叶えるためにはとても多くのお金が掛かってしまいます。 学生は自分たちでお金を出し合って日本にやってきますが、まだ学生の彼らにとって、渡航費以上の出費はとても大きな負担です。オックスフォードの学生たちと福島の子どもたちが音楽を通して絆を築くために、皆様のお力をお貸しいただけませんでしょうか」
詳細は、マンスリースズキの掲載記事をご覧ください。